エラボトックスで小顔効果を!おすすめクリニックや施術内容、費用などを徹底解説

  エラボトックスは、 ボツリヌス菌毒素製剤を注射することで、 咬筋の筋肉を弛緩させ、 エラの張りを改善する美容医療です。 近年、 小顔効果を求める女性を中心に人気が高まっています。 しかし、 クリニックによって料金や施術内容が異なるため、 どこに施術を受ければ良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、 エラボトックスおすすめクリニックや施術内容、 費用などを詳しく解説します。 エラボトックス 40代 40代になると、 顔の筋肉が衰え、 エラが目立ってくることがあります。 エラボトックスは、 このようなエラ張りを改善し、 シャープなフェイスラインを手に入れたい40代女性におすすめの施術です。 エラボトックスおすすめ エラボトックスおすすめクリニックを選ぶポイントは、 以下の通りです。 経験豊富な医師が在籍している 症例数が多い 料金が明確 カウンセリングが丁寧 アフターフォローが充実している これらのポイントを満たしているクリニックは、 安全で効果的なエラボトックス施術を受けることができます。 エラボトックス おすすめ 千葉 千葉でエラボトックスおすすめクリニックは以下の通りです。 品川美容外科 千葉駅前店 聖心美容クリニック 千葉エキナカクリニック 湘南美容外科 千葉中央店 TCB東京中央美容外科 千葉駅前店 美容外科 高須クリニック 千葉駅前院 これらのクリニックは、 いずれも経験豊富な医師が在籍しており、 症例数も多いです。 また、 料金が明確で、 カウンセリングが丁寧なのも特徴です。 エラボトックス おすすめ 東京 東京でエラボトックスおすすめクリニックは以下の通りです。 品川美容外科 新宿院 聖心美容クリニック 新宿院 湘南美容外科 新宿院 TCB東京中央美容外科 新宿院 美容外科 高須クリニック 新宿院 これらのクリニックも、 千葉のおすすめクリニック同様、 経験豊富な医師が在籍しており、 症例数も多いです。 また、 料金が明確で、 カウンセリングが丁寧なのも特徴です。 エラボトックス おすすめ 病院 医院 クリニック エラボトックスは、 厚生労働省に認可された医療機関でのみ施術を受けることができます。 そのため、 エラボトックスを受ける際は、 必ず病院、 医院、 クリニックのいずれかを選ぶようにしましょう。 大

小鼻を小さくする方法:徹底解説!整形、メイク、注射、セルフケアまで

 


小鼻の大きさは、顔全体の印象を大きく左右する重要な要素です。丸く大きい小鼻が気になる方にとって、小鼻を小さくする方法を知りたいと思うのは当然ですよね。

このブログ記事では、小鼻を小さくする方法を、整形メイク注射セルフケアの4つのカテゴリーに分けて、それぞれ詳しく解説していきます。

1. 小鼻を小さくする整形:小鼻縮小術

小鼻縮小術は、小鼻を小さくするための代表的な整形手術です。鼻翼の内側や外側を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除くことで、小鼻を小さくすることができます。

メリット

  • 効果が確実で、理想的な小鼻を手に入れることができる
  • ダウンタイムは比較的短く、すぐに日常生活に戻ることができる

デメリット

  • 手術痕が残る
  • 費用が高い
  • 感染症などのリスクがある

小鼻縮小術には、内側法外側法の2種類があります。内側法は、鼻翼の内側を切開するため、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。一方、外側法は、鼻翼の外側を切開するため、傷跡が目立ちますが、より多くの皮膚や脂肪を取り除くことができます。

小鼻縮小術のダウンタイムは、一般的に1週間程度です。腫れや内出血は、個人差がありますが、数日で治まります

小鼻縮小術の費用は、クリニックや施術内容によって異なりますが、一般的に10万円~20万円程度です。

2. 小鼻を小さく見せるメイク:ハイライトとシェーディングで小鼻を目立たなくする

メイクで小鼻を小さく見せることも可能です。ハイライトとシェーディングを使って、鼻筋を強調し、小鼻の影を作ることで、小鼻が目立たなくすることができます。

メイクで小鼻を小さく見せるポイント

  • 鼻筋にハイライトを入れる
  • 小鼻の側面にシェーディングを入れる
  • 鼻先にもハイライトを入れる
  • ノーズシャドウはぼかして自然な陰影を作る

小鼻を小さく見せるメイクは、手軽に小鼻を目立たなくすることができます。しかし、メイクが崩れやすいというデメリットがあります。

3. 小鼻を小さくする注射:ヒアルロン酸とボトックスで効果を実感

ヒアルロン酸注射ボトックス注射は、小鼻を小さく見せるための注射です。

ヒアルロン酸注射は、鼻筋にヒアルロン酸を注入することで、鼻筋を高く見せることで、小鼻が目立たなくすることができます。

ボトックス注射は、小鼻の筋肉の動きを抑制することで、小鼻の広がりを抑えることができます。

ヒアルロン酸注射ボトックス注射は、メスを使わないので、ダウンタイムが短く手軽に小鼻を小さくすることができます。しかし、効果は持続期間が短いというデメリットがあります。

ヒアルロン酸注射持続期間は、約6ヶ月~1年です。

ボトックス注射持続期間は、約3ヶ月~6ヶ月です。

ヒアルロン酸注射ボトックス注射費用は、クリニックや施術内容によって異なりますが、一般的に1万円~3万円程度です。

4. 小鼻を小さく見せるセルフケア:マッサージと鼻筋トレーニングで血行促進

セルフケアで小鼻を小さくすることはできませんが、マッサージ鼻筋トレーニングで、小鼻周りの血行を促進し、むくみを解消することで、小鼻を小さく見せることができます。

小鼻を小さく見せるセルフケアの方法

  • 小鼻周りの血行を促進するマッサージをする
  • 鼻筋トレーニングで鼻筋を高くする
  • 十分な睡眠と水分補給を心がける

小鼻を小さく見せるセルフケアは、手軽に小鼻を小さく見せることができます。しかし、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。

まとめ

小鼻を小さくする方法は、整形メイク注射セルフケアの4つのカテゴリーに分けられます。