咳のしすぎであばらが痛い!原因と対処法、何科?受診すべき科目は?

  咳のしすぎであばらが痛い原因 咳のしすぎであばらが痛くなる原因はいくつか考えられます。 肋骨疲労骨折: 激しい咳が続くと、 肋骨に負担がかかり、 疲労骨折を起こしてしまうことがあります。 筋肉痛: 咳をする際に、 胸や腹部の筋肉が緊張し、 筋肉痛を起こすことがあります。 肋間神経痛: 咳によって肋間神経が刺激され、 痛みが出ることがあります。 肺炎: 肺炎になると、 咳や胸痛などの症状が出ることがあります。 気管支炎: 気管支炎になると、 咳や痰などの症状が出ることがあります。 咳のしすぎであばらが痛い時の対処法 咳のしすぎであばらが痛い場合は、 以下の対処法を試してみてください。 咳をできるだけ止める: 咳止め薬を服用したり、 加湿器を使用したりして、 咳をできるだけ止めるようにしましょう。 安静にする: 無理に体を動かすと、 痛みが増す可能性があるため、 安静にしましょう。 温める: 痛みがある部分にカイロや蒸しタオルなどを当てて、 温めましょう。 痛み止めを服用する: 市販の痛み止めを服用して、 痛みを和らげましょう。 咳のしすぎであばらが痛い時に受診すべき科目は? 上記のような対処法を試しても痛みが改善されない場合は、 医療機関を受診する必要があります。 受診すべき科目は、 以下の通りです。 呼吸器内科: 肺炎や気管支炎などの呼吸器疾患が原因である可能性があります。 整形外科: 肋骨疲労骨折などの原因である可能性があります。 ペインクリニック: 痛みが強い場合は、 ペインクリニックで専門的な治療を受けることができます。 咳のしすぎであばらが痛い時の知恵袋 咳のしすぎであばらが痛いという症状について、 知恵袋には以下のような質問が寄せられています。 咳のしすぎであばらが痛い。病院に行くべき? 肋骨疲労骨折ってどんな症状? 咳止め薬でおすすめのものは? これらの質問には、 多くのユーザーから回答が寄せられています。 整形外科を受診する際の注意点 咳のしすぎであばらが痛い場合は、 整形外科を受診する必要があります。 整形外科を受診する際には、 以下の点に注意しましょう。 レントゲンやCT検査を受ける必要がある ため、 事前に予約しておきましょう。 症状について詳しく説明できるように、 メモしておきましょう。 過去に受けた検査結果や服用し

咬筋をほぐして小顔&美肌を叶える! ほぐすおすすめ方法とグッズをご紹介

 


咬筋は、頬骨の下にある筋肉で、噛むときに使われます。咬筋が硬くなると、エラが目立ったり、顔が大きく見えたり、ほうれい線が目立ったりといった悩みが生じます。

そこで今回は、咬筋をほぐすことで得られるメリットや、ほぐし方おすすめのグッズなどを紹介していきます。

咬筋をほぐすメリット

咬筋をほぐすと、以下のようなメリットが期待できます。

  • 小顔効果:エラが目立たなくなり、顔が小さく見えるようになります。
  • ほうれい線が目立たなくなる:咬筋が硬くなると、ほうれい線が深くなります。咬筋をほぐすことで、ほうれい線が薄くなる効果が期待できます。
  • むくみが改善される:咬筋が硬くなると、血行やリンパの流れが滞り、むくみが起こりやすくなります。咬筋をほぐすことで、血行やリンパの流れが改善され、むくみが改善されます。
  • 頭痛や肩こりが改善される:咬筋と頭や首の筋肉はつながっているので、咬筋が硬くなると、頭痛や肩こりが起こりやすくなります。咬筋をほぐすことで、頭痛や肩こりが改善されます。
  • リフトアップ効果:咬筋をほぐすことで、顔全体の筋肉が引き締まり、リフトアップ効果が期待できます。

咬筋のほぐし方

咬筋をほぐす方法はいくつかありますが、ここでは代表的な方法をご紹介します。

1. セルフマッサージ

指を使って、咬筋を直接マッサージします。

  • 頬骨の下にある硬い部分を、指で押したり、揉んだりします。
  • 耳の下から鎖骨に向かって、リンパを流します。

2. 美顔器

最近では、咬筋をほぐすための美顔器も販売されています。美顔器を使うと、自宅で簡単に咬筋をほぐすことができます。

3. 機械

エステサロンなどでは、専用の機械を使って咬筋をほぐすことができます。機械を使うと、より効果的に咬筋をほぐすことができます。

4. サロン

自分でほぐすのが難しい場合は、エステサロンでプロにほぐしてもらうのも良いでしょう。

咬筋がゴリゴリしている場合

咬筋がゴリゴリしている場合は、食いしばり歯ぎしりなどの原因が考えられます。食いしばりや歯ぎしりは、ストレスや睡眠不足などが原因で起こります。食いしばりや歯ぎしりを改善するには、ストレス解消や睡眠改善などが重要です。

また、マウスピースを装着することで、食いしばりや歯ぎしりによる咬筋の負担を軽減することができます。

咬筋をほぐすグッズ

咬筋をほぐすグッズとして、以下のようなものがあります。

  • マッサージボール:硬いボールを使って、咬筋をマッサージします。
  • テニスボール:テニスボールを使って、咬筋をマッサージします。
  • 美顔器:電気刺激や超音波で、咬筋をほぐします。
  • マウスピース:食いしばりや歯ぎしりによる咬筋の負担を軽減します。

まとめ

咬筋をほぐすことは、小顔や美肌効果だけでなく、頭痛や肩こりなどの改善にも効果があります。ぜひ、今回紹介した方法やグッズを参考に、咬筋をほぐしてみてください。

Popular posts from this blog

おすすめパーソナルジム徹底比較!選び方・口コミ・エリア別も紹介