咳のしすぎであばらが痛い!原因と対処法、何科?受診すべき科目は?

  咳のしすぎであばらが痛い原因 咳のしすぎであばらが痛くなる原因はいくつか考えられます。 肋骨疲労骨折: 激しい咳が続くと、 肋骨に負担がかかり、 疲労骨折を起こしてしまうことがあります。 筋肉痛: 咳をする際に、 胸や腹部の筋肉が緊張し、 筋肉痛を起こすことがあります。 肋間神経痛: 咳によって肋間神経が刺激され、 痛みが出ることがあります。 肺炎: 肺炎になると、 咳や胸痛などの症状が出ることがあります。 気管支炎: 気管支炎になると、 咳や痰などの症状が出ることがあります。 咳のしすぎであばらが痛い時の対処法 咳のしすぎであばらが痛い場合は、 以下の対処法を試してみてください。 咳をできるだけ止める: 咳止め薬を服用したり、 加湿器を使用したりして、 咳をできるだけ止めるようにしましょう。 安静にする: 無理に体を動かすと、 痛みが増す可能性があるため、 安静にしましょう。 温める: 痛みがある部分にカイロや蒸しタオルなどを当てて、 温めましょう。 痛み止めを服用する: 市販の痛み止めを服用して、 痛みを和らげましょう。 咳のしすぎであばらが痛い時に受診すべき科目は? 上記のような対処法を試しても痛みが改善されない場合は、 医療機関を受診する必要があります。 受診すべき科目は、 以下の通りです。 呼吸器内科: 肺炎や気管支炎などの呼吸器疾患が原因である可能性があります。 整形外科: 肋骨疲労骨折などの原因である可能性があります。 ペインクリニック: 痛みが強い場合は、 ペインクリニックで専門的な治療を受けることができます。 咳のしすぎであばらが痛い時の知恵袋 咳のしすぎであばらが痛いという症状について、 知恵袋には以下のような質問が寄せられています。 咳のしすぎであばらが痛い。病院に行くべき? 肋骨疲労骨折ってどんな症状? 咳止め薬でおすすめのものは? これらの質問には、 多くのユーザーから回答が寄せられています。 整形外科を受診する際の注意点 咳のしすぎであばらが痛い場合は、 整形外科を受診する必要があります。 整形外科を受診する際には、 以下の点に注意しましょう。 レントゲンやCT検査を受ける必要がある ため、 事前に予約しておきましょう。 症状について詳しく説明できるように、 メモしておきましょう。 過去に受けた検査結果や服用し

Privacy Policy

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイト、Adsense広告のあるサイト、 YouTube)の状況に応じて、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号 は含まれません ) を使用することがあります。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません ) を使用されないようにする方法については 、こちらをクリックし、設定変更をお願いします。
https://support.google.com/adsense/answer/113771?ref_topic=23402&rd=2

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
https://www.google.com/intl/ja/privacy.html


当サイトでは、AI や自動化を使用してコンテンツを作成しております。

Popular posts from this blog

おすすめパーソナルジム徹底比較!選び方・口コミ・エリア別も紹介